沖縄旅行で秘境に行く!別名ウミガメ島と呼ばれる渡名喜島のビーチを紹介!

渡名喜島







おはようございます、こんにちは、こんばんは!
トッシー(@tossytabito)です!

渡名喜島の特集記事も5回目となりますが、今回が最終章となります。

沖縄、そして離島といえば海!

安らぎを与えてくれる海を求めて、離島に訪れる人も多いはず。
渡名喜島の海も、もちろん美しいことで有名なんですが、
特に大きな特長として、ウミガメが頻繁に現れることです!

海を眺めていると、ウミガメがプカプカ浮かんでいることが多いようで、
渡名喜島は別名ウミガメの島とも呼ばれています。

そんな魅力的な渡名喜島の綺麗なビーチを中心に紹介しますので、
楽しんでいってくださいね!

沖縄の海を感じる!渡名喜島で一番有名なビーチ「あがり浜」で癒されよう!

まず最初に紹介するのは、渡名喜島で有名なビーチである「あがり浜」です。

あがり浜は、6月末~7月上旬に、この島の伝統的な水上運動会が開催されることで
有名であり、島民総出で水中綱引きなどの競技が行われております。

時には観光客の飛び入り参加もオッケーのようで、毎年大盛り上がりとなります。
海水浴もできる、おすすめのビーチとなります。

あがり浜の場所について

あがり浜は、渡名喜島の中央東側に広がるビーチとなります。
フェリーが到着する渡名喜港からであれば、
フクギに囲まれた美しい伝統集落の中を進み、徒歩10分ほどで行くことができますので、
観光客からも人気のビーチとなります。

あがり浜の特長・風景について


島民の海水浴場になっている遠浅のサンゴ礁の美しい海が広がります。
この島で一番有名なビーチといえど、とても静かです。

今までの記事でも記述しております通り、この日の沖縄本島は記録的な大雨に見舞われ、
日中、雲に覆われていましたが、それでも、十分綺麗な海が広がり、
癒しをいただきました。



この日は早朝に行ったのですが、さざ波の音を聞きながら、リフレッシュ!
ここで二度寝してしまいました!
離島ならではの静かな癒しがここにあります!

ウミガメが顔を出すビーチ!渡名喜島のアンジェーラ浜はエメラルドに輝く海

次に紹介するのは、アンジェーラ浜です。

ここもまた渡名喜島の海の美しさを表す代表的なビーチであり、
自信をもっておすすめできるスポットです!必ず行ってくださいね!

アンジェーラ浜の場所について

アンジェーラ浜はあがり浜から海沿いの道を南に下った所にあるビーチです。

ここまで来ると、ほとんど観光客に会うこともない為、
こんな綺麗なビーチを、独り占めしているような贅沢感を味わえます!

アンジェーラ浜の特長・風景について

ここの海もまた、有名なあがり浜に負けず劣らず綺麗な海が広がります。
というか、天候が悪い中でも、このアンジェーラ浜が一番綺麗な海の色でした!
個人的には超おすすめのスポットです!

アンジェーラ浜は、ウミガメがよく顔を出すことで有名なビーチです。

我らはウミガメさんに会う為、帰りの船の出航ギリギリまで粘りましたが、
残念ながら亀さんにお会いすることができませんでした!
次回訪れた時は絶対に亀さんに会うぞ~!

亀さんに会えませんでしたが、この静かなビーチでリラックスできたので最高でした。
海を眺めてゆっくりする・・・何よりもリラックスできる最高のひと時でした!

アンジェーラ浜のすぐ近くにある「シュンザ」は圧巻!

あがり浜からアンジェーラ浜に向かう道中、道沿いにある、
そびえ立つ崖にビックリすることになると思います。

この「シュンザ(=別名アマンジャキ)」は崖下に石を積んで作られた道であり、
昔の人々の生活に欠かせない通路でした。

先人が築き上げた道ももちろん凄いのですが、
このダイナミックな巨大な崖に、どうしても目がいってしまいます!
このような起伏に激しい地形は、島の南部に多くみられます。

沖縄の中でも特にウミガメに会える確率が高い!渡名喜島の「呼子浜」を紹介

渡名喜島は、別名ウミガメの島と呼ばれるほど、ウミガメによく出会うことができる島です。

島の南西部にある「呼子浜」は、ウミガメの産卵地となっており、
夏場には、産卵するために多くのウミガメが浜辺に現れます。

呼子浜の場所について

渡名喜島の南西部の静かな場所にあるビーチです。
集落からだと自転車で15分程度で行くことができます。

呼子浜の特長・風景について

ウミガメに出会える可能性が高い、静かで、とても美しいビーチです。
ただし、遊泳は禁止されていますのでご注意ください。
運が良ければ、プカプカ海に浮かぶウミガメさんを眺めることができますよ!

アンジェ―ラ浜で出会えなかったので、リベンジとばかりに、
ここでも1時間ぐらい待ちましたが、ウミガメさんは顔を出してくれませんでした。
嫌われてるのかな・・・(笑)
やっぱり、次回訪れた時に再チャレンジだな!

呼子浜の注意事項

産卵するために浜にいるウミガメを発見したときは、
絶対に大きな声を出したり、近づいたりはしてはいけません。
フラッシュ撮影をすることや、シャッター音もダメです。
ウミガメの視界に入ることさえもNGです。
優しく遠くから静かに見守りましょう!

合計5回に分けて紹介してきました渡名喜島の特集記事も、ひとまず今回で終わりです。

美しい集落と海がある静かな離島「渡名喜島」へ、
癒しを求めて旅に出るのはいかがでしょうか!
是非、行ってみて下さい~!

沖縄旅行で『渡名喜島』に行こう!アクセス方法と民宿の紹介。大嵐の中、出航!

2018.08.17

沖縄旅行で離島メシ!渡名喜島でランチを食べるなら「ふくぎ食堂」で決定!

2018.08.21

沖縄旅行で巡ろう!渡名喜島の伝統集落は、夜はライトアップされ幻想的!

2018.08.25

沖縄旅行で離島に行く!「渡名喜島」で絶景が見られる展望台3選!入砂島を見よう!

2018.08.29