沖縄旅行で『渡名喜島』に行こう!アクセス方法と民宿の紹介。大嵐の中、出航!

渡名喜島




おはようございます、こんにちは、こんばんは!
トッシー(@tossytabito)です!

皆さん、沖縄旅行を楽しんでいますでしょうか!

今日も沖縄県の離島を紹介したいと思います。
紹介するのは、『渡名喜島』です。

久米島と沖縄本島の中間に浮かぶ離島なのですが、通り過ぎて久米島に行く人が多く、
あまり知名度としては高くないのが現状です。

たしかに久米島のように、たくさんのホテルも無ければ、飲食店も多くありません。
でも、『渡名喜島』には、この島特有の“静かな癒し”がございます!
一度、この島に行けば、魅力にとりつかれること間違いなしです!

今回より、何回かに分けて、渡名喜島の魅力を紹介していきますので、
楽しみにしていて下さいね!

渡名喜島に訪問したのは、昨年になります~。
渡名喜島と久米島は、一緒のタイミングに旅しましたが、記録的な悪天候の中の
旅となり、それに合わせて奇跡的なタイミングで凄いトラブル?に見舞われ、
今までの旅の中でも、1、2を争う、想い出深い旅です。
我らが遭遇したトラブルも合わせて楽しんでいただければ幸いです!

沖縄の離島『渡名喜島』の場所と行き方を紹介!那覇からフェリーで行こう!

渡名喜島への行き方を紹介する前に、まずは、島の場所について、
説明いたします。

渡名喜島の場所について


渡名喜島は、沖縄本島の西に浮かぶ島であり、
ちょうど、沖縄本島と久米島の中間部分にあります。
観光地としても有名な久米島には、訪れる人が多いのですが、
渡名喜島については、あまり知られていないのが残念です!

渡名喜島への行き方① ~沖縄本島の海の玄関口「とまりん」に行こう~

渡名喜島に行くには、まず、沖縄本島の那覇から出発することになります。
那覇からは、フェリーを使って行くのですが、海の玄関口といえば、
「とまりん」です!
当ブログでも、何度か出てきましたが、渡名喜島に行くのも、
「とまりん」から出発です!

「とまりん」の場所

渡名喜島への行き方② ~「とまりん」からフェリーに乗ろう~

「とまりん」に到着したら、久米商船さんの窓口に行き、
チケットを買いましょう!
航路としましては、那覇→渡名喜島→久米島となりますので、
渡名喜島に泊まって、翌日に久米島に向かうことも可能ですよ!
(実際、我らはこのルートで行きましたが便利!)
渡名喜島には寄らず、那覇→久米島に直行するルートもありますので、
注意が必要です!

フェリーの運航スケジュールにつきましては、
渡名喜村のHPに詳しく載っていますので、こちらをご確認ください。

久米島からでも、渡名喜島にフェリーで向かうことができますが、
今回は多くの方が使うであろう、那覇からの行き方で紹介しておりますこと、
ご了承をお願いします。

雨男見参!この日の沖縄は悪天候!大嵐の中、渡名喜島まで地獄の航海!

編集者アレックスの雨男ぶりは有名で・・・
天気予報が晴れでも、しっかり雨を降らしてくれる、正に雨男の中の男です。
この旅では、アレックスが本領発揮した代表的な旅だったのです。

遡ること1年前・・・
そう、その時は、AKB総選挙が沖縄で開催されるということで、
多くのAKBファンに紛れて、那覇に降り立ったのが始まりです。

しばらくすると・・・雷の危険がある大荒れの天気に!
もちろん、AKBの総選挙も、当初の予定から変更して、屋内で開催することに。
我らは、その最中、渡名喜島に向かうことを決意!

ウソだー!フェリー出航するも渡名喜島には上陸できない可能性有り!!

「とまりん」に到着し、渡名喜島までのフェリーチケットを買うために、
久米商船さんの窓口へ!

こんな悪天候の中、フェリーが出るのか不安でしたが、なんと出航するとのこと!

さすがフェリー!時化に強いわ!
安心したのは束の間、衝撃的な言葉が!

渡名喜島の周りは、海がより荒れるので、寄港するかどうかは現地判断になります。
状況によっては、渡名喜島には寄らず、久米島に直行しますので了承くださいねー。

なにーーー!まじかぁーー!

でも、ここで退けば、漢ではない!
渡名喜島にたどり着けることを信じて、フェリーに乗船!
行けるのか渡名喜島!

出航前の、とまりんの様子です。
そこまで激しく雨風が強くなかった為、この時は、まだ余裕がありました・・・

まさに地獄絵図!上下左右に揺れる船内で、ひたすら耐える!あぁ、限界!

出航したフェリーは、しばらくは順調に進んでいましたが・・・

ちょうど、前島を横切るあたりから、急に天候が大荒れに!
横殴りの大雨、巨大なビッグウェーブの連続!

船は大きく揺れ、激しいGが身体にかかる!ぐはぁ!苦手なんだよ!ジェットコースター!
まさに地獄!地獄そのものだぁー!これを長時間受け続けるのはきつすぎる!!

前島の前を通り過ぎますが、気持ち悪くて、見ていられません!
瀕死状態で写真撮影。パシャッ!


座間味島や渡嘉敷島などの慶良間諸島の横を進みましたが、
こちらも瀕死状態でパシャ!

耐えに耐え、苦しんでいたところ、隣には10人前後の沖縄の方のグループがいらっしゃいましたが、
なんと、酒盛りをしています・・・!
デッキには、雨風が吹き荒れビシャビシャ、ジェットコースター級のGがかかる状態で、
宴会ですよ・・・強すぎる!

良かったぁーー!無事に渡名喜島に入港できた!

ビッグウェーブによる大きな揺れを伴う船内で、雨に濡れて、
あまりの寒さにエンジンルームから漏れる熱気で暖を取っていましたところ、
渡名喜島に入港できるとの朗報が!

歓喜に湧く船内!・・・ではなく・・・喜んでいるのは我らだけです。

というか、そもそも、観光客が我ら以外、他にいません。

渡名喜島で降りる人は、テレビ撮影クルーが何人かいるだけです・・・
その時は、アニマルプラネットの撮影かなぁ~とか言って笑っていましたが、
後にその理由が明らかに!

渡名喜港に入港前の様子です。
とりあえず、安堵しました!

渡名喜島の玄関口!渡名喜港

渡名喜港は、小さな港ですが、立派な渡名喜島の玄関口となります。

フェリーが接岸する様子です。


渡名喜港側からフェリーが近づくのを眺める。

沖縄本島からフェリーで行ける渡名喜島で民宿「ムラナカ」にお世話になった

渡名喜島では1泊しましたが、この時、お世話になってのが、
民宿「ムラナカ」さんです。
実は、フェリー乗船前に、「大変な日だね~大丈夫?来れそう?」と、
心配のお電話をいただいていました。心配かけて、ごめんなさい!

民宿「ムラナカ」の場所について


渡名喜島の集落は伝統的な造りの家屋が並ぶ美しい風景ですが、
その集落の中に、民宿「ムラナカ」さんはあります。
港から、徒歩5分程度です。

渡名喜島の民宿「ムラナカ」は、とても居心地が良い!


到着すると、オーナーさんから、
「雨の中、大変だったねぇ~」と、優しく出迎えてくれました。

民宿「ムラナカ」さんは、決して新品の建物というわけではありませんが、
昔ながらの田舎の家に泊めていただくような懐かしさがあります。
もちろん、個室部屋ですので、ご安心ください。そして、とても清潔です。

また、宿泊者には、自転車を貸してくれますので、
この自転車で島を一周しましょう!

民宿「ムラナカ」さんの朝食

民宿「ムラナカ」さんでは、夕・朝の2食付き、夕もしくは朝のどちらか一食付き、素泊まりの
3プランで宿泊することが可能です。
我らの旅では、いつも夜は居酒屋巡りをするので、今回も翌朝の朝食のみ、こちらで頂くことに。


ごく一般的な家庭の朝食ですが、
早起きして、島を一周して腹を空かせた後に、いただいたこともあり、
とても美味しかったです!

うまい!うまい!とベタ褒めしていると、オーナーさんに、
「普通の朝ごはんなのに、こんなに褒められると照れるわ~」と笑われてしまいました(笑)


食堂には、著名人の方のサインがたくさん飾られていました。

離島ならではの優しさあふれる民宿でした。
皆さんも、渡名喜島に訪れた際は、民宿「ムラナカ」さんに泊まってみて下さい。

次回は、渡名喜島で遭遇した、まさかの衝撃的な出来事について、
報告しますので、楽しみにしていてください!
では、次の記事で会いましょう!