沖縄旅行で那覇のグルメ巡り!「家庭料理ちかぷ」の店主おまかせ料理は最高!

沖縄本島







おはようございます、こんにちは、こんばんは!
トッシー(@tossytabito)です!

沖縄本島の中心地である那覇のグルメ記事です!

旅の楽しみの中で大きなウェイトを占めるのが【食事】です。

今の時代はインターネットなどの情報媒体が発達していますので、
事前に調べることができますが、
今回紹介するお店の「家庭料理ちかぷ」さんは、事前に調べることはできません!

なぜだって!?それはメニューが一切無いからです!

店主による“おまかせ料理”となりますので、当日にならないと何が出てくるか分かりません。
でも、ご安心ください!
リーズナブルで美味しい沖縄の家庭料理を提供いただけるので、
身構える必要はなく、気軽に行くことができますよ!

旅の想い出となる【食事】を、お店のお母さんに委ねてみるのもイイですよ!

沖縄料理店にリニューアル!那覇にある「家庭料理ちかぷ」の場所を紹介!

今回紹介します「家庭料理ちかぷ」さんは、
もともと、「北の味 ちかぷ」という名称で、かなり有名な北海道料理のお店だったようですが、
現在は沖縄家庭料理のお店としてリニューアルされています。
今では、地元の人から愛される人気のお店となっております。

「家庭料理ちかぷ」の場所について

関連ランキング:沖縄料理 | 旭橋駅壺川駅県庁前駅

ゆいレールの『旭橋駅』もしくは『壺川駅』どちらからでも行けます。
というか、2つの駅のちょうど真ん中に位置しています。
どちらの駅からも徒歩10分程度で行くことが可能です。
沖縄本島を南北に走る国道330号線に面しているお店です。

赤い看板と提灯が目印!「家庭料理ちかぷ」のお店の雰囲気とシステムを紹介

「家庭料理ちかぷ」さんの場所を紹介しましたが、
いざ向かってみると、気づかずに通り過ぎてしまうことも!
そんな時には、赤い看板と提灯を目印に探しましょう!

「家庭料理ちかぷ」の外観

こちらが「家庭料理ちかぷ」さんの外観です。

黒を基調とした建物である為、あまり目立たないのですが、
完全に陽が落ちると、このように赤い看板と提灯がすごく目立ちます。

「家庭料理ちかぷ」の内観

それでは、早速、入店!

店内は落ち着いた雰囲気です。
カウンター席もありますので、一人でふらっと入っても、
店主とお話しながら食事できるので楽しそうです。

「家庭料理ちかぷ」のお店のシステムとは

お店のシステムと言ってしまうと何か難しいルールがあるのかと
身構えてしまいますが、大丈夫です。

他のお店と違うことといえば・・・メニューが無いことです!
(時期によっては旬食材メニューがあります。ドリンクメニューは常時あります。)

我々は、前情報無しにふらっと入ったのでメニューが無いことにビックリ!
でも、店主のお母さんが優しいので、すぐに安心できました。

「この金額で、これぐらいの料理が出てきますが大丈夫ですか?」

「観光で来られたのですか?それでしたら、沖縄料理を中心にしますね~♩」

と、積極的にお話ししてくれるので、すぐにお店に馴染むことができました!

メニューが無いということで値段が高いのではと不安になりますが、
とてもリーズナブルな価格で沖縄家庭料理のコースを食べられますよ!
その日によって、値段も変動があるかと思いますので、
来店時に気軽に聞いてみてください~。

メニューは全て店主にお任せ!「家庭料理ちかぷ」で各地の沖縄食材を堪能!

今回、店主であるお母さんの“おまかせ”で出していただいた
沖縄料理の数々を紹介いたします。

我々は、いつもの通りハシゴ酒で呑み歩いており、
こちらには二軒目にお伺いしましたので、
そこそこお腹のほうは満たした状態での入店でした・・・
従いまして、量のほうは控えめにお願いしております。
普段であれば、もっとボリュームが多い可能性もありますので、ご了承ください。

まずは乾杯!


ドリンクメニューは普通にありますので、
まずは、オリオンビールで乾杯!

おまかせ料理①~島らっきょうとニガナ~


まず、奥のお皿の『島らっきょう』から。

島らっきょうは、塩漬けされており、鰹節との相性も抜群!
シャキシャキの食感が良く美味しい!幸先の良いスタートだ!

次は、手前のお椀に盛られた『ニガナのサラダ』

ニガナについては、以前に宮古島でおひたしで食べたことがあるのですが、
あまりの苦さに途中で泣く泣く断念したことがあります。

今回、こちらでいただいたニガナのサラダは、
生で鮮度が良いからなのか、苦味が抑えられており、とても食べやすく、
あっと言う間に完食!ニガナの印象が変わりました!

おまかせ料理②~軟骨ソーキの煮つけ、ブロッコリーとカリフラワーの惣菜


『軟骨ソーキの煮つけ』と『ブロッコリーとカリフラワーの惣菜』です。

軟骨ソーキの煮つけは、まさにメインディッシュ!
写真では分かりにくいですが、結構な量です。
軟骨ソーキは、うま味が染み込んだトロっトロのお肉で、
口の中ですぐにほぐれていきます。
出汁は優しい味わいながら、ソーキや野菜のうま味が合わさり、クセになる味。
お酒のアテとしても最高の1品で、これを食べるとお酒がとまりません。

ブロッコリーとカリフラワーの惣菜は、柔らかくもあり、歯ごたえもあるという
ちょうど良い食感で、少し醤油をつけていただきましたが、
このシンプルさが、野菜本来の味を活かしており、美味しいです。

おまかせ料理③~南大東島産かぼちゃの煮物~

こちらの『南大東島産かぼちゃの煮物』は、とても甘い!

南大東島の大自然で育ったかぼちゃは味も濃厚!ウマい!
そして、更にビックリすることに・・・
なんと!店主のお母さんは、南大東島出身でした!

南大東島にある「しろっぱ家」というお店は、お知り合いのようです。
次回、南大東島に行った時は、伺いたいと思います!

おまかせ料理④~伊江島産トマト~

お腹が爆発しそうなほど満腹の状態の我らに、
お口直しとして『伊江島産トマト』を出していただきました。

シンプルながら、みずみずしいトマトを、満腹中枢の指示を無視して、
いつのまにか、かぶり付いていました。

おまかせ料理⑤~デザート 波照間産黒糖と西表産黒糖~

最後にデザートとしていただいたのは、
『波照間産の黒糖』と『西表産の黒糖』です。

この2つの黒糖を食べ比べしました。(左が波照間産、右が西表産)

波照間産は、少し苦味がありますが、コクがあります。
西表産は、苦味がなく、より甘みが強いです。

私は、波照間産の方が好きかなぁ~。
皆さんも、行かれた際は、是非食べ比べしてみてください!

優しいお母さんが作る沖縄家庭料理を紹介してまいりましたが、
離島の食材も多く、満足なものばかりでした!

那覇に行かれる際は食べに行ってみてください!気軽に入れるお店ですよ~!

沖縄旅行で食事するなら今話題の『バルコラボ』!牛レアカツとタパスに感動!

2018.06.26

沖縄旅行で味わう!「ステーキハウス88」のテンダーロインステーキの美味さに昇天!

2018.07.04

沖縄旅行で老舗「ジャッキーステーキハウス」の大人気のレアステーキを堪能!

2018.06.30

沖縄旅行で海中道路の先の「宮城島」に行く!果報バンタとシヌグ堂バンタの絶景

2018.08.09

沖縄旅行で那覇の「沖縄とんかつ食堂しまぶた屋」でアグー豚と琉美豚を堪能!

2018.08.13

沖縄旅行で居酒屋巡り!那覇の県庁前にある「ちゃがま屋」で美味いアテで乾杯しよう!

2018.09.06