沖縄旅行で伊平屋島の潮下浜、無蔵水、ヤヘ岩を巡る。漂着物で造られたクラフトも発見!

伊平屋島







おはようございます、こんにちは、こんばんは。
トッシー(@tossytabito)です。

今回も沖縄の離島『伊平屋島』の観光スポットを紹介します。

伊平屋島北部エリアには切り立った崖や岩山がたくさんあり、荒々しい地形ですが、
自然美が感じられる素晴らしい見どころポイントがたくさんあります。

今日紹介するのは美しいビーチ「潮下浜」
海岸にある巨大な岩山「無蔵水」「ヤヘ岩」となります。

前回紹介しました「くまや洞窟」と「伊平屋島灯台」から、
とても近いので、あわせて行ってもらえればと思います。

沖縄旅行で伊平屋島の「くまや洞窟」「久葉山の灯台」を巡る!レンタカー店も紹介

2018.12.04

そして、この記事の最後には、とても面白い観光スポットを紹介します。
あのア〇パンマンやジ〇ムおじさんにも会える、不思議な場所ですよ~。

静かで美しいビーチ。沖縄・伊平屋島の「潮下浜」の海は爽やかなグリーン!

伊平屋島の北部にある「潮下浜」は、それほど大きなビーチではありませんが、
とても美しいことで有名です。
伊平屋島の観光スポットの中でも外せない場所です。

ちなみに「潮下浜」と書いて“すーがはま”と呼びます。
私はずっとシオゲハマと思っていました・・・お恥ずかしい。

潮下浜の場所

伊平屋島灯台がある久葉山の麓にあります。
伊平屋島の最北端にあるビーチであり、実質、一般人が行くことができる
沖縄最北のビーチかもしれません!

潮下浜の景色を紹介

海岸線を走る道路から下を見下ろせば、小さいながらも綺麗な弓なりのビーチがあります。
ビーチ周辺の海は非常に浅く、太陽の光を浴びて、エメラルドグリーン色付いています。
それにしても人工的に造られたような、綺麗な弧を描いていますね~。

このビーチから見る夕陽の景色は、とても美しいようです。
穏やかな海であり、また、人もほとんどいないので、
ぼーっとするには最適の場所です。

伊平屋島には、前情報無しで来ましたが、
最北端の地に、これほど綺麗なビーチがあるなんて、全く知りませんでした。
これは嬉しい誤算です。

爽やかなグリーンの海の色を眺めていると、リフレッシュできました。

ここからは、次に紹介する「無蔵水・ヤヘ岩」も眺めることができます。
写真奥に見える岩山が「無蔵水・ヤヘ岩」です。

潮下浜から更に奥に行けば、人気の釣り場があるよ!

潮下浜より更に北東に向かえば、ゴツゴツした岩肌の海岸が広がります。
ここでは、何人かの方がフィッシングを楽しんでいました。
何が釣れるのかなぁ~。


足元はかなり悪い場所ですが、知る人ぞ知る、人気の釣り場のようです。


分かりにくいですが、この岩場を超えた場所で釣り人がいらっしゃいました。
行かれる際は気をつけて行ってくださいね。

伊平屋島で語り継がれる物語の舞台。「無蔵水」には決して涸れない水がある

次に紹介するのは、同じく伊平屋島の北部にある「無蔵水」です。
昔から語り継がれる伊平屋島の物語の舞台となる場所であり、
地元の人々からも親しまれています。

無蔵水の場所

潮下浜から少し西に向かえば、すぐに到着です。
車であれば、潮下浜から5分ぐらいです。
近いので、一緒のタイミングで行きましょう。

途中から海岸を歩いて移動しなければなりません。
海岸前のこの標示案内を目印としてください。

無蔵水に伝わる物語とは?

無蔵水とは、この岩山にあると言われる“水たまり”のことを指します。
ちなみに無蔵水と書いて“んぞみず”と読みます。
ムゾウスイと読んだのは私だけではないと思います(笑)

名前の由来には、伊平屋島で語り継がれる昔話からきています。

仲の良い若い夫婦がおり、夫が船に乗り沖で釣りをしていたところ、
波にさらわれ行方不明に。
3年たっても行方不明のままであった為、妻の家族や村人はもう夫は亡くなったと考え、
縁談を勧めるも、妻は断り続け、いつまでも夫の帰りを信じて、
ずっとこの岩山の上で待ち続け続けました。
そして数年後、夫は無事に島にたどり着き、ずっと待っていた妻と再会。
それからは、二人幸せに暮らし、人々から尊敬され名声も得ました。
妻が夫を信じて待ち続けた岩山には、この夫婦愛同様、
決して涸れない水たまりがあると言われており、今でも伝説として語り継がれています、

夫を待つ妻の愛も凄いのですが、数年間漂流生活をした夫のサバイバル能力も
かなり凄いでしょう!
今の時代であればヒーローとなり、テレビ出演依頼が殺到し、本を出せば印税ガッポリですよ。

と、いつものように欲にまみれた曲がった考えしか出てこない自分が情けないです(泣)

無蔵水の岩山周辺は天然の水族館

無蔵水がある岩山周辺には、干潮時にはたくさんの水たまりができます。
そこには、ビックリするぐらいたくさんの魚の姿が!
中には、結構大型の魚も混ざっており、この熱帯魚たちを見ているだけでも
楽しい場所です。

かつて、ここに古城があった!伊平屋島の「ヤヘ岩」から見る景色は最高!

次に紹介する「ヤヘ岩」も伊平屋島の物語の舞台となった場所です。
伊平屋島の守護神というべき「ヤヘ岩」の力強さを感じましょう。

ヤヘ岩の場所

ヤヘ岩は、無蔵水と同じく、海岸にございます。
無蔵水からも近く、車であれば5分程度の距離となります。
伊平屋島北部から南部に向かう際に、寄っていただければと思います。

ヤヘ岩の紹介

美しい海が広がる海岸線に、ドンッとそびえ立つ巨大な岩山が「ヤヘ岩」です。
この岩山がある場所には、昔に城が築かれており、今帰仁から攻めてきた軍を
食い止めたと語り継がれています。

確かにお城のようにも見えますね。
干潮時には、歩いて渡ることもできるようです。

ヤヘ岩周辺からの景色は凄い!

ヤヘ岩周辺は、見晴らしが良く、とても美しい海の景色を望むことができます。
先人の方達も、お城の上から、この景色に感動したことでしょう。

海沿いの道にア○パンマン?漂着物クラフトはインスタ映え間違いなし!

最後に紹介するのは、伊平屋島でおそらく一番面白い場所です(笑)
北部から南部に向かう途中にたまたま発見したのですが、
お気に入りの場所になりました!
どこかで見たことのある懐かしのキャラクター達に会えますよ~。
インスタ映え間違いなし!

オモシロいスポット!不思議な漂着物クラフトがある場所


伊平屋島の西海岸線を走る道沿いに、急に現れるキャラクター達。
車で走っていても、彼らの集団に間違いなく気づくと思いますよ~

漂着物で造られたキャラクター達

ここには、漂着物で造られたクラフト(キャラクター)の数々が待ってくれています。


我らのヒーローであるア〇パンマンと、彼の顔面を焼き上げる助手ことバ〇コさんに
似ている方がいらっしゃいました。


ジ〇ムおじさんに似ている方も、いらっしゃいました。

伊平屋島に訪れた際は、彼らに会いにいってくださいね。

沖縄旅行で離島に行くなら「運天港」へ!~ターミナル内部と駐車場の情報~

2018.11.25
伊平屋島に行くには、まず運天港へ。運天港のターミナルを紹介。

沖縄旅行で最北端の離島「伊平屋島」へ!フェリーの客室とデッキからの展望紹介

2018.11.28
さぁ、航海に出よう。伊平屋島までのフェリーの旅。

沖縄旅行で出会った伊平屋島の天然記念物「念頭平松」の神々しさに感動!

2018.12.01
国の天然記念物「念頭平松」の特集です。