沖縄旅行で伊平屋島の「くまや洞窟」「久葉山の灯台」を巡る!レンタカー店も紹介

伊平屋島







おはようございます、こんにちは、こんばんは。
トッシー(@tossytabito)です。

今回も伊平屋島の観光情報です。

伊平屋島は沖縄県内最北端の有人離島です。
縦に細長い地形をしている面積約21㎢の結構大きな島。

観光名所として、あまり知られていないのですが、
実は見どころがたくさんある島なのです。

今日紹介するのは、島北部にある「くまや洞窟」と、
久葉山の山頂にある「伊平屋島灯台」となります。

伊平屋島北部は、ビーチ・海岸・洞窟等、特に観光スポットがたくさんありますが、
この2つのスポットは近いのでセットで行くことが可能ですよ。

あと、島巡りする上で必要なのが“車”です。

運天港からのフェリーに車を乗せることもできますが、
事前予約が必須なのと、結構お費用がかかるのがネックとなります。
伊平屋島に1泊2日の滞在であれば、断然、島でレンタカーを借りる方がお得です!
「くまや洞窟」「伊平屋島灯台」の情報に加え、島のレンタカーショップ
併せて紹介いたしますので、ご参考にしてください。

沖縄本島から船で行ける離島の伊平屋島にはレンタカーショップがあるの?

伊平屋島を周遊するには、間違いなく車が必要です。
沖縄本島からのフェリーに車を載せてくることもできますが、
伊平屋島に長期滞在しないのであれば、コストパフォーマンスを考えると、
島内のレンタカーショップで借りる方がお得ですよ。

伊平屋島のレンタカーショップ ~レンタル伊平屋~

伊平屋島内にあるレンタカーショップ「レンタル伊平屋」さんであれば、
かなり格安でレンタカーを借りることができますよ。

フェリーいへやIIIが入港する前泊港のすぐ目の前にありますので、
立地としてもとても良いです。
フェリーから降りた観光客の大半がレンタル伊平屋さんに直行します。
観光客が多い連休日などは、場合によっては、車が足りない可能性もありますので、
事前に電話予約しておいた方が良いかと思います。

レンタカーは、ガソリン満タン返却となります。
レンタカーを返却してから朝一便のフェリーで帰える場合、
ガソリンスタンドが開いていない可能性がありますので、
前日の夕方までにガソリンを満タンにしておくことをおすすめします。

沖縄の伊平屋島で洞窟探検!巨大な「くまや洞窟」は崖の上にあり幻想的!

無事にレンタカーを借りられたならば、早速、島巡りをスタート。
島内は車も少なく、開放的になりがちですが、しっかり安全運転で行きましょう。
まず最初に紹介するのは「くまや洞窟」です。

この洞窟は、かなり凄いです!
伊平屋島の観光スポットとしては念頭平松に並ぶ有名な場所です。
沖縄最北端の離島で洞窟探検してみませんか!

「くまや洞窟」の場所について

「くまや洞窟」は、伊平屋島の北部に位置しています。
ビックリするのは、この洞窟が崖の上にあるということです。

「くまや洞窟」の入り口を目指そう!階段を使って崖上まで登る。

洞窟に入る為には、長い階段を登り切らないといけません。

特にアレックスは最近運動不足で、1日1000歩ぐらいしか歩かない日もざらにある為、
かなりヒーヒー言いながら登っています(笑)

その点、俺は元気に登って・・・いません・・・結構、俺もヒーヒー言ってるぅ(泣)

後ろを振り返れば、崖のすぐ前にある海が見えます。

洞窟の入り口は、このような切り立った崖にあるのです。
冒険心に火がつきます。

この狭い隙間が洞窟の入り口です。ホントです・・・。

“え、ここ入るの・・・(汗)”

折角、頑張って崖を登ってきたのに躊躇する我ら。
かなり勇気が要ります。怖いわぁー。

「くまや洞窟」の内部を探検!

勇気を振り絞って内部に潜入しましょう!あぁー怖いわー。


トッシー先輩はアレックス後輩に命じるのです。“君から入りたまえ。先輩の命令だ”
“こんな時だけ先輩風吹かしやがって”とあからさまに不満顔のアレックスですが、
先に入ってくれました。

狭い入り口を通れば、中はとても広い空間となっています。
静けさと涼しさ漂う不思議な場所です。
好奇心半分、怖さ半分といった感じで洞窟内を探索。

洞窟奥から入り口付近を見ると、太陽の光が差し込み、とても幻想的。

この洞窟は、長い年月をかけて、水や風、砂などにより、
徐々に侵食されてできたようです。
この大きさの洞窟ができるのに、想像できないぐらいの長い年月が
かかっているんだと思います。自然の凄さを感じた素晴らしい場所でした。
おすすめの観光スポットですよ~

久葉山にある伊平屋島灯台から沖縄本島・与論島・沖永良部島を望む。

次に紹介するのは、久葉山に建てられた「伊平屋島灯台」です。
残念ながら、この灯台の中に入ったり、登ったりはすることはできませんが、
灯台がある場所からの眺めが非常に良く、おすすめの展望ポイントです。
天気の良い日であれば、沖縄本島、与論島、沖永良部島を望むことができますよ。

伊平屋島灯台の場所


伊平屋島の最北部と呼べる位置に灯台が建っています。
沖縄最北端の離島の最北の地!
久葉山の山頂にあるので、坂道を車で登っていくことになります。


伊平屋島灯台がある久葉山

先ほど紹介した「くまや洞窟」からも、車で向かえばすぐの距離ですので、
晴れている日であれば、あわせて行くことをおすすめします。

伊平屋島灯台


久葉山の山頂にある伊平屋島灯台です。
残念ながら柵に囲まれており、中に入ることができません。
但し、この灯台がある付近からの眺めは最高ですよ。

伊平屋島灯台付近からの眺め


まずは、沖縄本島がある景色です。
ちょうど見えているのは、沖縄本島最北端の辺戸岬あたりになります。


次は、与論島がある景色です。
人気の島である与論島がはっきり見えました。


この日は天候が良かった為、沖永良部島まで見ることができました。
写真では分かりずらいですが、薄っすらと盛り上がって見えているのが、沖永良部島です。

沖縄最北端の地からの素晴らしい眺めがありますので、
皆さんも行ってみてください。

次回も伊平屋島の観光スポット特集をお送りしてまいりますので、お楽しみに~。

沖縄旅行で離島に行くなら「運天港」へ!~ターミナル内部と駐車場の情報~

2018.11.25
伊平屋島に行くには、まず「運天港」へ!運天港の特集記事です。

沖縄旅行で最北端の離島「伊平屋島」へ!フェリーの客室とデッキからの展望紹介

2018.11.28
運天港からフェリーいへやⅢに乗り込み、いざ伊平屋島へ!
フェリーから見える古宇利大橋や伊江島・伊是名島ほかを紹介。

沖縄旅行で出会った伊平屋島の天然記念物「念頭平松」の神々しさに感動!

2018.12.01
伊平屋島にある国の天然記念物「念頭平松」の特集記事です。