沖縄旅行で最北端の離島「伊平屋島」へ!フェリーの客室とデッキからの展望紹介

伊平屋島







おはようございます、こんにちは、こんばんは。
トッシー(@tossytabito)です。

皆さん、「伊平屋島」という島はご存知でしょうか?

離島マニアや沖縄マニアであれば、生きているうちに一度は行きたい憧れの島なのですが、
世間一般には、ご存知ない方も多いと思います。

年に一回、有名なムーンライトマラソンが開催されている島なので、
マラソン選手・経験者であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか。

伊平屋島は、沖縄本島の北部にある面積20㎢の比較的大きな離島。
なんと、この島は沖縄県内で最北の有人離島なのです!
最北と聞けば、行かない理由などありません。

タビト~沖縄旅行・おすすめ離島の観光ブログ~では、
これまで様々な離島を紹介してきましたが、
いよいよ、沖縄県内最北の有人離島「伊平屋島」特集がスタートです!

これから複数回にわたって、伊平屋島の見どころ・グルメ・お土産情報を発信していきますので、
離島マニア、沖縄マニアの方は、是非楽しんでいってください。
もちろん、最近になって離島・沖縄に興味を持った人でも楽しんでいただけるかと思います。

沖縄県最北の有人離島の「伊平屋島」ってどこにあるの!?島の場所を説明。

沖縄県で最も北に位置する有人離島の「伊平屋島」ですが、
まずは、島がどこにあるのかを説明いたします。
大きな島であり、地図でも結構目立つので、興味を持っている人もきっと多いはずです。

伊平屋島の場所

伊平屋島は、沖縄本島の今帰仁村運天港からフェリーで行ける島です。
距離にして約41Kmほど離れております。
すぐ近くに浮かぶ野甫島とは橋で繋がっています。
沖縄県で最北の有人離島となり、離島・沖縄マニアの憧れの地となります。

沖縄最北の“有人”離島と、回りくどい表現をしておりますが、
それは無人島を含めると、まだ北に沖縄県に属する島があるからです。
その名も「硫黄鳥島」。
かつて島には人が住んでいましたが、火山活動が非常に活発な島であり、
幾度となく噴火に見舞われた為、住民は久米島などに移住しており、
現在は完全な無人島になっています。

沖縄県の最北端の島 硫黄鳥島

沖縄離島の伊平屋島へ。運天港から「フェリーいへや」に乗ろう!客室を紹介

伊平屋島に行くには、まずは今帰仁村の運天港に向かう必要がございます。
運天港の場所や駐車事情、ターミナル内の情報につきましては、
前回の記事で詳しく説明しておりますので、あわせてご確認ください。

沖縄旅行で離島に行くなら「運天港」へ!~ターミナル内部と駐車場の情報~

2018.11.25

運天港からはフェリーで片道80分の道のりです。
魅惑の島「伊平屋島」まで、旅人を送り届けてくれるのは『フェリーいへやⅢ』です。
まずは、『フェリーいへや』の迫力の姿と内部の様子を紹介します。

運天港~伊平屋島を運航する「フェリーいへやIII」

こちらが「フェリーいへやIII(スリー)」です。

三代目のフェリーなので“III”と付いているようですが、シンプルでなかなかカッコいい名前。
定員300名の巨大フェリーです。伊平屋村が村営するフェリーであり、1日2往復する働き者。

「フェリーいへやIII」の客室

船内の客室風景です。備え付けられたテレビを見ながら、くつろぎましょう。

このような感じのVIPルーム風の客室もありました。
こちらの席であれば、団体旅行の際に、みんなと一緒に座れますね。

船内は無料Wi-Fiサービスが設置されています。
旅人には嬉しいサービスです。

迫力満点の航海!沖縄本島の運天港からフェリー出航!古宇利大橋の横を進む

それでは、いよいよ伊平屋島に向けて出発です。
約80分の航海になりますが、デッキから美しい海と島々の風景を楽しみながら
進んでいくことになりますので全く飽きませんよ。

いよいよ、運天港から出港!


フェリーに乗り込み、いよいよ出港です。
初めての伊平屋島の旅なので、完全に心は踊っています。
もちろん、船内の客室ではなく、デッキでスタンバイ。


運天港とも暫しの別れです。


フェリーいへやⅢが動き出しました~出港!


屋我地島の横を進みながら、北上していきます。
それにしても、屋我地島は手付かずの自然が多い島であることが分かります。

古宇利大橋の横を進む!スケール感がハンパない!


北上するフェリーは、古宇利大橋と並行して進んでいくことになります。
海上から見る古宇利大橋の景色の素晴らしさに感激!
フェリーからしか見ることのできない贅沢な景色です。


古宇利島まで真っすぐ伸びる古宇利大橋は素晴らしいの一言。
出港して数分で、もう大満足です!


屋我地島方面を眺めた際の古宇利大橋の景色です。
何度も見てきた古宇利大橋も、海上から見ると、また違った魅力があります。


古宇利島の横を進みながら、更にフェリーは北上していきます。

沖縄旅行で行こう!有名な観光名所「古宇利大橋」の撮影ポイントはここだ!

2018.11.16
以前に、古宇利大橋の絶景撮影ポイントをまとめた記事をアップしていますので、
よろしければご覧ください。

綺麗なブルーの海とデッキから見える伊江島・伊是名島・伊平屋島に感動!


沖縄本島をバックにして、更に北に進むフェリーいへや。
伊平屋島に到着するまで、海上からの景色を楽しんでいたら、
あっという間に時間が過ぎました。
ここからは伊平屋島に着くまでに、デッキから見えた島々の景色を紹介していきます。

まず見てください!この海の色


島々の風景を紹介する前に、まず、海の色が凄かったので見てくださーい。
海の色は混ざり気無しの綺麗なブルー。
こんな真っ青な海の色、見たことありません。
結構な頻度で、船にビックリしたトビウオさんがピョンピョン跳ねています。
かなり素早いので、シャッターチャンスがありませんでした・・・
(いや、僕の写真の腕です・・・ハイ)

デッキから見えた島① ~伊江島~


まず、西側に見えたのが『伊江島』です。
伊江島といえば、島の中央にある城山が特徴的です。
それにしても、伊江島って凄く神秘的な島ですね~。
後程、伊江島の特集も組みたいと思いますので、楽しみにしていてください。

デッキから見えた島② ~屋那覇島~


次に見えてきたのは、無人島の『屋那覇島』です。
伊平屋伊是名諸島に属す島で、伊是名島の南にある島。
野生のヤギやウサギのみが棲んでいます。

デッキから見える島③ ~伊是名島~


伊平屋島と並び大きな島である『伊是名島』
この島も、離島マニアの憧れの島となります。
今回行きたかったのですが、どうしてもスケジュール的に余裕がなく、泣く泣く断念。
今後、必ず行くと心に決めている島でもあります。

デッキから見える島④ ~具志川島~


伊是名島と伊平屋島の間にある『具志川島』です。
現在、この島は無人島となっていますが、貝塚があり、考古学的にも重要な島となります。

デッキから見える島⑤ ~伊平屋島・野甫島~


そして最後に、旅の目的地である『伊平屋島』『野甫島』です。
たくさんの島が見られて楽しい船旅でした♪

伊平屋島に到着!フェリーいへやが停泊する「前泊港」は島の玄関口。


約80分の航海も終わり、いよいよ到着です。
フェリーが入港するのは、伊平屋島の玄関口である「前泊港」です。

伊平屋島の前泊港に到着


こちらが伊平屋島の玄関口である「前泊港」です。
普段は、それほど多くの観光客はいませんが、
ムーライトマラソンが開催される日には、選手をはじめとした多くの人が来島し、
島は大賑わいとなるようです。

港のすぐ裏手に見える特徴的な岩山が虎頭岩です。

次回からは、伊平屋島の観光地を紹介していきますので、お楽しみに~。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!