火の国・アゼルバイジャン共和国の旅 その②〜乙女の塔・フレイムタワーが見える街並みはファンタジー〜




The following two tabs change content below.
IT

IT

名前:IT
年齢:三十路
好きな食べ物:刺身・寿司・納豆・塩ラーメン・ベビースターラーメン

icon-twitterTwittericon-facebookFacebookicon-google+Google+icon-instagramInstagram

おはようございます、こんにちは、こんばんは。
パナタ会のITです。

ついにこの時期が来てしまいました……。
梅雨のシーズンが到来です。
そして、このシーズン、どこからともなく増殖するのが、
グロテスク界の重鎮「ナメクジ親方」である。
このIT、彼らが相当苦手である。

夜な夜な自宅に帰ってきた際、暗闇の中、
玄関のドアノブを握ると……グニャ……。
そうです。親方がドアノブを散歩している最中である宇宙のタイミングで、
ボディをお触りしてしまったのである。
気づいた時は、親方には何の罪も無いのに、全身鳥肌及び嘔吐に襲われ、
「ドント タッチー ミー!!」
と小言で漏れ叫びながら、草むらにぶっ飛ばしてしまいました。
彼の立場からすると、
「こっちがドント タッチ ミーじゃ ぼけぇ!」
と怒り心頭であることは重々承知しておりますが、
反射行動なので仕方ありません。

それからというもの、全面戦争に突入しました。
ホームセンターでナメクジ駆除アイテムを購入し使用しても、
バイオハザードのように増殖を止める事は出来ませんでした。
悩みに悩んだ私は現代社会の英知の結集、
インターネット大先生を用いて調べた結果、
1つの策を授かることが出来ました。

親方共は、ビールに目がないらしい。
タッパーにビールを注ぎ、放置しているだけで、
ビールの中にダイブして、そのまま昇天されるとのこと。

試しに実践した結果………

一晩だけで25匹ぐらいダイブして昇天されていました!!
グエェッ!!
もう一晩、そのまま放置していたところ、昇天数が50匹ぐらいに増えていました!!
グエェッ!!
これ片づけるのも嫌や。彼らがよじ登ったタッパーも触りたくねーーー!!
たぶん、お亡くなりになる前に、大好物のビールをたらふく堪能し、
幸せの絶頂を迎えたことでしょう。
これこそ、本当の北斗有情拳であると言える。
皆さんも一度、この時期に試してみて下さい。

Steaca RT
だから、いつも無駄な話が多すぎるんだよ。
早く、旅の話をしなさい!
ネチネチネチネチネチネチネチネチ嫌味を言うナメクジ兄さんが来られましたので、
アゼルバイジャン探訪に戻りたいと思います。

前回の記事はこちら。

火の国・アゼルバイジャン共和国の旅 その①〜城砦都市バグー感激・タクシー詐欺に激怒〜

2017.06.05

アゼルバイジャンのシンボル 乙女の塔 頂上から眺めるSF世界!!

首都バグーの旧市街の中に、一際存在感をはなつ塔が建っています。
これは、アゼルバイジャンのシンボルといえる「乙女の塔」となります。
高さは30Mあります。
そして、「城壁都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔」として、
世界遺産として認定されており、
アゼルバイジャンの通貨マナトのお札にも描かれております。

この乙女の塔には、非常に悲しい話があります。
12世紀に見張りとしての要塞として建てられた塔ですが、
実の父である王様に言い寄られた娘が悲しみのあまり、
塔からカスピ海に身を投げたと言われています。

Steaca RT
この王様……、ITみたいな奴じゃん……。
Steaca IT
誰が実の娘に手を出すねん!!てか、娘おらんわ……。
この乙女の塔の中には入ることが可能です。
そして螺旋状の階段を上りきった頂上からは、街を見渡せることが出来るのですが、
あまりの街の美しさに感動です。

旧市街の歴史有る街並みの奥に、
近代的な建物であるフレイムタワーズがそびえ立ち、とても幻想的な雰囲気です。
未来と過去が行き来するSF映画みたいな街並みです。
ゲームが好きな人なら、
まさにファイナルファンタジーの世界みたいに感じて頂けるはずです。
この街並みを見られただけでも、アゼルバイジャンに来た価値が大いに有りました!!
大満足!!

ちなみに、フレイムタワーズですが、約350億円をかけて建設されたタワーであり、
夜はタワー全体がライトアップします。
フレイムタワーズの左側にあるのが、テレビ塔となります。

バグー旧市街を散歩、フレイムタワー現る。

旧市街は全体を城壁に囲まれております。
このような大砲が置かれており、侵攻してきた敵を食い止めていたのでしょう。
(たぶん、この大砲は本物では無いと思いますが)

バグー旧市街の中からは、所々でフレイムタワーが顔を出してくれます。
世界遺産の歴史的な街並みの中にフレームインする為、
建設計画がよく通ったなと思います(笑)
ユネスコもよくOK出しましたな(笑)
でもですよ!!個人的には完全に大成功だと思いますよ!!!!!!

Steaca RT
IT、今日は、完全にテンション上がってるなぁ……
Steaca IT
君は、この風景を見て感動しないのか!!
本当に心まで荒みやがって!ネクタイピンで爪でも切って、
鏡の前で一人でジャンケンでもしてなさい!!
Steaca RT
いや、だから、俺も感動してるよ!!直ぐにケンカ腰になるなよ!

歴史的建物と近代的な乗り物のハーモニーが素晴らしい。
旧市街は全体的に非常に狭い道が多く、ドライバーのテクニックもなかなかで、
ギリギリのスペースを上手い事運転されていました。
このITであれば、ソッコー右前あたりをゴッソリ擦りそうです……。

バグー旧市街の目印 城壁内で最古の建物 ムハンマドモスク

城壁内で最古の建物であるムハンマドモスク
滞在中は、このムハンマドモスクを目印として、迷路のような旧市街を進んでいました。
城壁にマッチした、美しいモスクです。

夜の旧市街は、ライトアップされて最高です。
かなり遅くまで歩き回っていましたが、治安面で不安に感じる事は無かったです。
海外ですので最低限の注意は必要ですが、
ライトアップされた街並みもかなりおすすめでございます。

次回に続く。

NEXT→火の国・アゼルバイジャン共和国の旅 その③〜世界遺産ゴブスタンのロックアートで歴史を感じる〜

火の国・アゼルバイジャン共和国の旅 その③〜世界遺産ゴブスタンのロックアートで歴史を感じる〜

2017.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA