沖縄旅行・石垣島の観光基本情報(行き方、気温、周辺離島について)、歴史を感じる「電信屋」と絶景「御神崎」も紹介

石垣島




おはようございます、こんばんは、こんにちは。
トッシーです。

前回までは、宮古島の旅でしたが、今回から石垣島の旅をお伝えします。
では、石垣島編スタートです!

宮古島の旅はこちら。是非とも、こちらもご覧になってください!

沖縄旅行でおすすめ宮古島の有名ランチは宮古そばの名店『古謝そば屋』!新鮮な海の幸とサトウキビジュースもおすすめ!

2017.04.19

沖縄旅行・宮古島のおすすめ景色は曇りでも綺麗な池間島周辺の海!来間島から眺める前浜ビーチは世界一!?〜

2017.04.16

沖縄旅行・宮古島の飲み屋街は西里大通り!居酒屋「琉球王国 さんご家」の沖縄料理がおいしい!

2017.04.14

沖縄旅行・宮古島編~島の基本情報(行き方、気温、周辺離島など)、おすすめ観光スポット紹介~

2017.04.12

沖縄・石垣島ってどんな島!?島の位置や気温、産業について

石垣島の場所はここ!

石垣島はここ!
・沖縄県に属する島で、沖縄本島から南西に位置しております。
周辺には竹富島、黒島、小浜島をはじめ様々な離島があり、
石垣島を起点として行くことが出来ます。

 

気温

・宮古島と同じくして、亜熱帯海洋気候となります。
一番寒いシーズン(1月)でも、最低気温が18℃程度。
逆に暑いシーズンは長く、6~9月までは平均最高気温が30度程度と、
年間を通して、非常に暖かい島となります。

人口と産業

・人口は約47,000人となります。
現在では、この島の魅力に惹かれた移住者も増えてきており、更に増加傾向となっております。
・メインとなる産業は、観光業、製糖業、酒造業。
やはり、美しい海を求めて、年間を通じて、多くの観光客が訪れますので、観光業は主要産業ですね!
また、石垣島を車で走っていると、多くのさとうきび畑を見ることが出来ます。
この「さとうきび」が島の産業の中心を担っているんですね。

沖縄・石垣島への行き方

・一般的には、飛行機で行くことになります。
2013年には、新石垣空港が開港され、滑走路も長くなったことから、
大型旅客便の乗り入れも可能となり、より多くの観光客が訪れるようになりました。
東京・大阪からは、ANA(全日本運輸)、JTA(日本トランスオーシャン)が就航、
関空からはPEACH便が就航しておりますので、費用を抑えたい時には
うれしい限りですね。
那覇からは、RAC(琉球エアーコミューター)やSNA(ソラシドエア)が就航しております。

沖縄・石垣島の周辺離島 八重山諸島について

・沖縄県西南部に広がる島群で、石垣島を中心として、
有人島10島、無人島19島から成ります。
石垣島以外の有人島(竹富島、黒島、小浜島、西表島、新城島、鳩間島、由布島、与那国島、波照間島)
の場所は以下の通りです。

竹富島

竹富島はここ!
*竹富島はここ!*

黒島

黒島はここ!
*黒島はここ!*

小浜島

小浜島はここ!
*小浜島はここ!*

西表島

西表島はここ!
*西表島はここ!*

新城島

新城島はここ!
*新城島はここ!*

鳩間島

鳩間島はここ!
*鳩間島はここ!*

由布島

由布島はここ!
*由布島はここ!*

与那国島

与那国島はここ!
*与那国島はここ!*

波照間島

波照間島はここ!
*波照間島はここ!*

電信屋、そこには、沖縄・石垣島の歴史があった。

もちろん、我らは、運気を持ち合わしておらず、
天候は曇り時々雨
またしても、沖縄の空は私共に対して舌を出すのです(泣)

曇り空でも、かなり綺麗じゃないかー!!
ワクワク感があがるぅぅーー!!

レンタカーを借り、車を走らせます。

全く行く所を決めていなかった我らは、遊び心そのままに、
石垣島全土の地図を広げ、ダーツの旅ならぬ経絡秘孔の旅を敢行しました。

この経絡秘孔の旅というのは、

一子相伝の北斗神拳正式伝承者である私トッシーが
目をつぶりながら地図に向かって、目にも止まらぬ速さで、指先で突き、
突かれた秘孔(場所)を目的地にする。
というもの。
私の指先が触れた経絡秘孔は、地図上に小さく記載された「電信屋」という未知なる場所でした。

電信屋の場所はここ!

 

約束通りナビをセットし、電信屋という場所に向かう。
途中、整備もされていないガタガタの道を通り抜け辿り着いた電信屋。
レンタカーが泥だらけ・・・。
返却するときに、洗車しておかないと、追加料金の請求が来そうではないか・・・。
ガタガタ揺られながら辿り着いた先には、正面に記念碑、右側には古い建物がありました。
ちょっと不気味な場所だなぁ・・・。
と正直思いましたが、記念碑に書かれている説明を読むうちに、
歴史において非常に重要な場所であると分かりました。

電信屋 記念碑

この電信屋は、日本~台湾間を繋ぐ海底通信線の中継拠点となった場所です。

この記念碑の横には当時のままの姿で保存された電線陸揚施設がありました。
戦争の最中、アメリカ軍の攻撃を受けたことから、建物には、多数の銃弾の跡が
残っております。当時のままの状態で戦争の語り部となってくれています。
(うっかり写真撮り忘れ・・・これは究極の凡ミスだ!!申し訳ありません。)

電信屋の奥には隠れビーチが有りました!

天候が悪いことも影響してか、そこまで鮮やかな海が見ることが出来ませんでした。
ただ、それ以上に、たまたまかも知れませんが、周辺国などから流れ着いた大量のゴミが
打ち上げられており、少し残念でしたね。
本来であれば、私のような汚れた人間はビーチの掃除をする等して
身を清めないといけないのかもしれませんね・・・。次回、再チャレンジ!!

崖っぷちで海を眺める。御神崎から見えるのは西表島!?

電信屋で珍しく歴史勉強をした我らは、
そのまま北上し、石垣島の最西端に位置する岬、御神崎へ。

御神崎はここ!

御神崎はここ!

 

御神崎と書いて「おがんざき」と呼びます。
ただし、現地の人々は、「うがんざき」と呼ぶこともあるようです。
やはり崖っぷちから眺め海は最高ですね。
全身で風を感じ、綺麗な空気を吸って、心身ともにみなぎりました。

御神崎

海の向こうに見えるのは西表島です!!たぶん!!おそらく!!
天気がよければ西方約20km程先にある西表島が綺麗に見えるらしい。

御神崎の先端から見下ろした海。
天気は悪いが、やはり綺麗だ!しかし断崖絶壁・・・。

御神崎は、夕日の見える絶景スポットとしても有名のようです。

御神崎灯台

登ろう!と思ったけど、登れませんでした。
一般の方は無理みたいです。
がしかし!
灯台の一般公開もあるそうです。
毎年かどうかわかりません
管理するのは石垣海上保安部でホームページで日時を公開するそうです。
こりゃチェックして再チャレンジが必要です!

石垣島編、次回に続きます。
天気はよくなるのか?!

NEXT→沖縄・石垣島の旅・その②〜最北端の平久保崎は自然の緑が美しい〜

沖縄旅行に行こう!石垣島の最北端の平久保崎は自然の緑が美しい!川平湾とサビチ鍾乳洞も紹介!

2017.05.01