沖縄旅行の参考に!伊良部島と下地島のおすすめ観光スポット6選!美しき宮古の海を満喫しよう!

宮古島




おはようございます、こんにちは、こんばんは!
トッシーです。

伊良部島特集も今回で3回目です!

前回までは、グルメ中心でレポートしてきましたが、
今回はタビトが選ぶ伊良部島・下地島のおすすめ観光スポット6選
紹介させて頂きます!

前回、前々回の記事はこちら。

沖縄旅行・伊良部島は伊良部大橋を渡って行ける離島!ランチは「伊良部そば かめ」が大人気!

2018.03.02

沖縄旅行・伊良部島の限定品!沖縄のサトウキビから作られたシモジスーパーオリジナルの『黒糖アイス』が美味!

2018.03.05

あゝ絶景!下地島空港のRW17エンドから見る宮古の海は息をのむほど美しい!

伊良部大橋が開通してからは、宮古島から車で伊良部島に行くことが
出来るようになりましたが、、伊良部島の隣にある下地島にも道路で繋がっていることから、
容易に車で行くことが出来ます。

下地島空港のRW17エンドからの眺めは、伊良部島・下地島に行くならば、
間違いなくマストと言える、超おすすめスポットです。

下地島空港RW17エンドの場所はこちら

まずは下地島空港に向かいましょう!
下記の地図内のポイントを目指してください。

ポイントに到着したら、目の前には下地島空港の滑走路が広がっています。
地図上では一見、行き止まりのように見えますが、道が続いていますので、
右折し、滑走路と平行して車を走らせると、桟橋があるRW17エンドに到着です!

スポット概要

下地島空港には、現在は航空会社の定期運航は無く、
現在は、小型飛行機のパイロット訓練のために使用されています。
RW17エンドは、「ランウェイ ワン セブン エンド」と呼びます。
航空用語で、東西南北の方角にあわせて数字が付けられており、
どの方向の滑走路を使用するのかを判別出来るようにしています。
RW17エンドは17滑走路の終わり(端部)という場所を表しております。

見どころ紹介

見どころとなると、やはり、この誘導桟橋と美しい海のコラボレーションでしょう!
これに尽きます!

海の青さ、空の青さ、海に向かって伸びる桟橋・・・、どれをとっても息をのむ美しさですね。
現在は、航空便の定期就航がないため、多くの機会はございませんが、
タイミングが合えば、滑走路に着陸する飛行機を真下から見ることも出来ますので、
そのような機会に巡り合うことが出来た方はラッキーですね!


ここのビューポイントからは、下地島空港の中も覗くことが出来ます。
人っ子一人いない広大な敷地の中に滑走路。なかなか見れない光景です。

下地島空港RW17エンドは、宮古列島の観光地の中でも、
一番美しい場所だと一押しする人も多いのも納得です!

マンタやサメにも会える!?天然海底トンネルで繋がる下地島の通り池

上記の下地島空港RW17エンドと同じく、下地島内のおすすめ観光スポットとなります。

下地島の通り池の場所はこちら

下地島の西側に位置し、下地島空港のすぐ近くですので、
行き・もしくは帰りに寄ってみてはいかがでしょうか。

スポット概要


下地島の通り池は、2006年に国指定名勝・天然記念物に指定されています。
並んでいる二つの池は、地下の天然水路で互いに繋がっており、
また、海とも、天然の海底トンネルで繋がっております。
この海底トンネルを通じて、マンタやサメ、ナポレオンフィッシュ等々、
様々な海洋生物が、通り池に顔を出してくれるようです!
ダイビングスポットとしても有名な場所です。

また、下地島の通り池には、2つの伝説が伝えられております。

通り池にまつわる伝説①
昔に、漁師がヨナイタマ(ジュゴンのこと、神の使いとして崇められている)を
捕らえたことから、海の神の怒りに触れ、罰として津波に襲われ、
その漁夫と母子の家が流され、その二つの家があった場所が
陥没して池になったと言われている。
通り池にまつわる伝説②
とある漁師一家(夫、母、子供)が3人で暮らしていたが、
妻に先立たれたことから、再婚した。
しばらくして、再婚した妻との間にも子供が生まれ、
家族4人となったが、再婚した妻が、前妻との間に生まれた子供を
好ましく思わなくなり、池に突き落とそうと計画。
漁師の夫が仕事で不在の際に、子供二人を池に連れていき、
前妻との子供をつるつるした岩の上に、
自分の子供をごつごつした滑りにくい岩の上に寝かした。
そして、夜中に、つるつるした岩に寝かしている前妻の子供を
池に突き落としたのだ!
ごつごつした岩に寝かしている“自分”の子供を背負って帰る途中、背中の子が、
「弟はどうしたの?ごつごつした岩で寝られないから寝る場所を変わってあげたんだ」
なんと!自分の子供を池に落としてしまってたんです・・・!
そのことに気づき、嘆き悲しんだこの母親は、子供を落とした池に
自分も身を投げ、命を絶った。

どちらも、なんという悲惨な伝説。やはり、悪いことしてはいけませんな。
俺が、この兄なら・・・、性格悪いので、弟に場所変わらず、池にドボンですな~。
人に優しく生きていこう・・・。
てか、今後、誰が何と言おうと、つるつるの場所では絶対寝ないからな!

見どころ紹介

国の天然記念物に指定されている通り、美しい池が二つ並んだ姿は非常に神秘的です。

こちらが一つ目の池。


遊歩道を挟んで、こちらが二つ目の池。
二つの池は繋がっておりますが、日本国内においても、
このような景観の場所は珍しく、是非、自然の神秘に感動して下さいね!

伊良部島の最北端!白鳥岬から東シナ海を眺める。

伊良部島に渡ったら、車で周遊することになると思いますが、
伊良部大橋のある場所から一番遠い場所にある白鳥岬にも行ってみて下さい!

白鳥岬公園の場所はこちら

伊良部島の最北端にあります。
白鳥岬公園には駐車場がありますので、車を停めて散歩することが出来ます。

スポット概要

伊良部島の最北端に位置し、東シナ海を眺めることが出来る公園です。
波により、荒々しく削り取られた断崖が東に伸びており、
遊歩道を歩きながら、その自然の造形美を楽しむことが出来ます。

見どころ紹介

白鳥岬公園に到着したら、車を停めて、探索開始!

まずは、広場があり、休憩所がお出迎えしてくれます。


何百年もかけて波に荒々しく削られた、ごつごつした岩場が伸びています。


このような遊歩道を通って散歩することが出来ます。
幸い、青空が顔を出してくれて、快適な散歩でした。


小さなビーチがありました。干潮時限定のビーチかもしれませんね。


遊歩道の両サイドがジャングルみたいになってきました。ワクワクしますね~。
この両サイドの木々、たしかアダンじゃないでしょうか?(間違っていたらすいません)
このアダン芯の天ぷらが絶品なんですよ!
以前にアダン芯の天ぷらを紹介した記事はこちら

沖縄旅行・石垣島のおすすめグルメ・石垣牛の焼肉と寿司を食らう〜

2017.05.11


しばらく歩くと、また美しい入り江が見えてきました!


これ以上は、橋が崩れかけてて進めないようです(泣)
「きけん、入るな!!」
分かりましたよ!ドクロマークなんか出されたら、そりゃ、従いますよ!
てか、夜中に、この注意書き見たら、気絶する自信しかありません。

これ以上、先に行くことが出来ませんでしたが、
十分、美しい景色を見ることが出来ました!

フナウサギバナタは伊良部島で一番美しい景色が見られる展望台!

以前にも一度、訪問実績があり、とても大好きな場所です!
前回は晴れませんでしたが、今回は、青空が出てくれました!

フナウサギバナタの場所はこちら

伊良部島北部に位置しています。

スポット概要

フナウサギバナタとは、宮古島の方言で“船を見送る岬”という意味であり、
伊良部島から旅立つ人達を、ここで見送ったと言われています。
伊良部島にやって来る渡り鳥「サシバ」を形にした展望台となります。
この展望台の形状に関しては前回記事に載せてますので、是非見て下さい!

沖縄旅行・宮古島編~島の基本情報(行き方、気温、周辺離島など)、おすすめ観光スポット紹介~

2017.04.12

見どころ紹介

前回訪れた際は、残念ながら曇天でしたが、今回は無事晴れてくれましたので、
ここから見られる絶景を紹介します!


個人的には、伊良部島の中で、一番美しい海を見ることが
出来る場所だと思っています!
宮古島に来た時は、必ず、再訪したいですね!

伊良部島のサバウツガーから宮古島・池間島を眺めよう!ここはサメの口!?

サバウツガーも、断崖からの美しい景色を見ることが出来るので、おすすめです!

サバウツガーの場所はこちら

サバウツガーは、伊良部島の東側に位置しており、
伊良部島を周遊中に、是非とも寄って頂きたいスポットです。

スポット概要

240年以上、人々の生活用水として活用されてきた井戸と、
その周辺を史跡として指定されています。
このサバウツガーという名前は、池間島の方から、ここを見た場合、
地形がサメの口に似ているということが由来となっているようです。

見どころ紹介

昔の人々の生活様式を学ぶ重要な場所ですが、
ここから眺める景色が、これまた最高なのです!


2枚目のこの景色、どこかに似ていませんか!?
そう、インドネシアのバリ島のウルワツ寺院に似ていませんか!?
伊良部島で、バリ島の景色が思い出された瞬間でした。
ちなみに、向こう側に見えるのは、宮古島と池間島です!

やはり伊良部大橋は外せない!伊良部島側から見る景色は、また違った美しさ!

宮古島側から眺める伊良部大橋が人気ですが、
実は、伊良部島側から眺める伊良部大橋も、違った顔を覗かしてくれて、
こちらも非常に美しい景観なんです!

伊良部大橋口の場所はこちら

伊良部大橋を渡った後、直ぐに駐車場があるので、
車を停めて、橋を眺めることが出来ます。

スポット概要

2015年に開通した、宮古島と伊良部島を繋いだ橋。
それまでは、フェリーを使って行くことが主流でしたが、
伊良部大橋が開通してからは、利便性が格段に良くなり、
多くの観光客が、伊良部島・下地島に訪れるようになりました。
それに加えて、絶好の観光スポットとなっており、大人気です!

見どころ紹介

宮古島側から見るのとはまた違った、橋の美しいウェーブを見ることが出来ます!

これにて、伊良部島・下地島の観光スポット紹介を終わります。
最後まで、読んで頂きまして、ありがとうございました!

では、次の記事でお会いしましょう!

沖縄旅行・宮古島の飲み屋街は西里大通り!居酒屋「琉球王国 さんご家」の沖縄料理がおいしい!

2017.04.14

沖縄旅行・宮古島のおすすめ景色は曇りでも綺麗な池間島周辺の海!来間島から眺める前浜ビーチは世界一!?〜

2017.04.16

沖縄旅行でおすすめ宮古島の有名ランチは宮古そばの名店『古謝そば屋』!新鮮な海の幸とサトウキビジュースもおすすめ!

2017.04.19