沖縄・石垣島の旅・その①〜最西端の御神崎。展望台と断崖絶壁の海〜




おはようございます、こんばんは、こんにちは。
パナタ会のITです。

読者
すぐに旅の話を始めなさいっ!!
とお叱りを受けることを重々承知の上で、
全く関係無い話ですが、こちらで愚痴らせて下さい!!

わたくしITは世間一般では、痩せ形体型と言われ、健康的に見られがちですが、
実は、毎回健康診断で指摘されるほど、尿酸値が高く、飲み会が重なると
明らかに身体に異変が生じます。

ここ最近、連日の呑み会続きにより、ビールを呑みまくった結果、
「左膝」「両足裏」「両手指先」に痛みが出てきます(泣)
これは、いわゆる、痛風の初期症状というものでしょうか?

特に膝は、夜中に目が覚めるほどの激痛であるため、
既に、
『痛風大学高尿酸学科左膝専攻クラス』
に入学しているのかもしれません。

いやだーー通いたくねぇーー!!
願書も出してないのに(泣)

このままではヤバいという危機感から、痛風に良いとされる食べ物を調べまくったところ、
なんと「チーズ」が良いとの情報がございました!!!

チーズ!!!

その瞬間、あのミュージックと巨大ブランコが脳裏に浮かびました。
そう、お爺さんがチェケラッチョしてる某家庭教師CMでお馴染みのあのアニメ。

もうアルムの山に住むしかない!

正直、チーズはそこまで好んで食べたいと思わないが、
あのお爺さん手作りの巨大裁縫針みたいなのに、
ぶっ刺して炙ったチーズなら、マジで美味しそうで毎日食べられそうだと思う!

でも・・・

あの爺さん、新参者に厳しいだろうし・・・
ペーターは早朝からハイテンションでイライラするだろうし・・・
ヨーゼフは絶対、1日中噛んでくるだろうし・・・
ワラのベッドで身体かぶれるだろうし・・・
もう無理だぁ。

というか、妄想もここまでくると、自分自身でも心配になります。

脳ミソのシワが減ってきて、本当にRTが言うように
『見た目は大人、頭脳は子供の迷探偵』
になってしまう。

自分で文章書いているのに、あまりにも恥ずかしいので、
”刺さると瞬時に気絶する”あの針、
私にも1発お願いします。

たくさんの離島にも行ける石垣島へ。

毎回、恒例になりつつある無駄話もここまでにして、
ついに石垣島編のスタートです!

石垣島の場所はここ!

石垣島はここ!

 

周辺には竹富島、黒島、小浜島をはじめ様々な離島があり、
石垣島を起点として行くことが出来ます。

もちろん、皆様の想定通り、我らは、運気を持ち合わしておらず、
天候は曇り時々雨
またしても、沖縄の空は私共に対して舌を出すのです(泣)

曇り空でも、かなり綺麗じゃないかー!!
ワクワク感があがるぅぅーー!!

ダーツの旅ならぬ経絡秘孔の旅で電信屋を突いた。そこには歴史があった。

レンタカーを借り、車を走らせます。

全く行く所を決めていなかった我らは、遊び心そのままに、
石垣島全土の地図を広げ、ダーツの旅ならぬ経絡秘孔の旅を敢行しました。

この経絡秘孔の旅というのは、

一子相伝の北斗神拳正式伝承者である私ITが
目をつぶりながら地図に向かって、目にも止まらぬ速さで、指先で突き、
突かれた秘孔(場所)を目的地にする。
というもの。
Steaca IT
ホアタァ!
私の指先が触れた経絡秘孔は、地図上に小さく記載された「電信屋」という未知なる場所でした。

電信屋の場所はここ!

電信屋はここ!

 

約束通りナビをセットし、電信屋という場所に向かう。

Steaca IT
え、ここを進むの(笑)
途中、整備もされていないガタガタの道を通り抜け辿り着いた電信屋。
Steaca IT
ワオー!オーマイガー!!

レンタカーが泥だらけ・・・。
返却するときに、洗車しておかないと、追加料金の請求が来そうではないか・・・。
ガタガタ揺られながら辿り着いた先には、正面に記念碑、右側には古い建物がありました。
ちょっと不気味な場所だなぁ・・・。
と正直思いましたが、記念碑に書かれている説明を読むうちに、
歴史において非常に重要な場所であると分かりました。

電信屋 記念碑

この電信屋は、日本~台湾間を繋ぐ海底通信線の中継拠点となった場所です。

この記念碑の横には当時のままの姿で保存された電線陸揚施設がありました。
戦争の最中、アメリカ軍の攻撃を受けたことから、建物には、多数の銃弾の跡が
残っております。当時のままの状態で戦争の語り部となってくれています。
(うっかり写真撮り忘れ・・・これは究極の凡ミスだ!!申し訳ありません。)

電信屋の奥には隠れビーチが有りました!

天候が悪いことも影響してか、そこまで鮮やかな海が見ることが出来ませんでした。
ただ、それ以上に、たまたまかも知れませんが、周辺国などから流れ着いた大量のゴミが
打ち上げられており、少し残念でしたね。
本来であれば、私のような汚れた人間はビーチの掃除をする等して
身を清めないといけないのかもしれませんね・・・。次回、再チャレンジ!!

崖っぷちで海を眺める。御神崎から見えるのは西表島!?

電信屋で珍しく歴史勉強をした我らは、
そのまま北上し、石垣島の最西端に位置する岬、御神崎へ。

御神崎はここ!

御神崎はここ!

 

御神崎と書いて「おがんざき」と呼びます。
ただし、現地の人々は、「うがんざき」と呼ぶこともあるようです。
やはり崖っぷちから眺め海は最高ですね。
全身で風を感じ、綺麗な空気を吸って、心身ともにみなぎりました。

御神崎

海の向こうに見えるのは西表島です!!たぶん!!おそらく!!
天気がよければ西方約20km程先にある西表島が綺麗に見えるらしい。

御神崎の先端から見下ろした海。
天気は悪いが、やはり綺麗だ!しかし断崖絶壁・・・。

御神崎は、夕日の見える絶景スポットとしても有名のようです。

御神崎灯台

登ろう!と思ったけど、登れませんでした。
一般の方は無理みたいです。
がしかし!
灯台の一般公開もあるそうです。
毎年かどうかわかりません
管理するのは石垣海上保安部でホームページで日時を公開するそうです。
こりゃチェックして再チャレンジが必要です!

石垣島編、次回に続きます。
天気はよくなるのか?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA